ホーム:>出張写真撮影> 独立起業する個人に最適なプロフィール写真撮影とは

独立起業する個人に最適なプロフィール写真撮影とは

私は「ビジネス界の著名人」も「一般人」も同じモデルとして等しく撮ります

有名なビジネスパーソンの独占取材で一対一の対面で何度も撮影しています。 独立起業する個人でも全く同じ方法、同じ態度で撮影します。 これができるカメラマンはそんなに多くないはずです。


その人のその段階での魅力を引き出す。
あまり知られていない一面を見えるようにする。
私は公共メディアの仕事が多いです。
だから私が撮れば自然と【どこに出しても通用するプロフィール写真】が撮れます。


初めての独立起業写真にありがちな注意点


ここでは個人的な印象を書きますが、
SNSなどで見かける独立起業の写真は綺麗なだけの不自然な写真が多いです。

すでに有名人ならそれで良いです。

でも初めて独立起業した人なら不自然に見える点もあります。
なんというか、リアルさが感じられない。本人の実在感がありません。
会う前から説得力を感じないのであればまず連絡されません。
これは「リアルな現実」だけが表現できます。
数多くの集客の仕事の裏側を見てきた私が言える事です。


独立には大きく二つあります。
1、心機一転で始める起業
2、前職と同じ業界で独立した起業


こういう違いを表現に出していくのも、会う前からリアルで説得力のある写真を撮るヒントです。


プロフィールに向かない写真


おそらく本人が心理的に慣れていない状態でシャッターを切ったのだと思われます。

または伝えるメッセージを誤解してる撮影かもしれません。
私ならコミュニケーション媒体の仕事の経験が違うので不自然なカットにOKは出せません。


■ただ綺麗なだけ(審美系やアーティストの写真なら良いです)
■ただの証明写真(リアルな姿をカッコ良く撮るのが信頼できます)
■自撮り・セルフシャッター(これは今のところ実証結果を持っていません。)


写真が嫌い。写りが悪いから苦手


毎回そう言われて撮りますが問題になったことは一度もありません。
年齢も性別も関係ないです。
本人のやる気さえあるなら大丈夫です。
もちろんフォローするテクニックもあります。
ただシャッター押すだけのカメラマンではありません。


当カメラマンはただの写真屋ではありません


「広告/広報/インフォマーシャル/プロフィール」などコミュニケーション媒体が専門のカメラマンです。
シャッター押すだけの写真屋では出来ない仕事を選んできました。
テレビCM制作など人間関係やコミュニケーションの難しい仕事もしてきました。
独立起業の取材では商売(ビジネス)のイメージをリアルで真似のできないオリジナル写真で表現しています。


一般人でもモデルとして広報媒体誌の見開きに載ってしまう時代です。
様々なシーンを設定して存在感のある「あなたの人物像」を描きます。
それができる理由はカメラマンの経験値です。
常に公開されて人目に触れるメディア向けの写真を撮っているのでバランス感覚があります。
何世代も経営が続く老舗から、カッティング・エッジな新興企業まで撮影しています。
まずはご相談ください。


最近の撮影事例

新規上場する企業のCEOや独立起業では「セミナーが満席の住宅販売のカリスマ営業マン」、「個人経営のエステティックサロン」のプロフィール写真などがあります。
過去の実績例はこちら


打ち合わせについて

こちらからお問合せください。
初期のご相談と見積もりは無料です。


バランス感覚とカメラマンの人間性で指名されています

大手有名企業から直接のご依頼があるのも自信です。


以下のような撮影を日常的にしています。
■数多くのメディア向けにビジネス撮影しています。
■外国人記者と共に日本企業を海外に発信する撮影もしています。
■多くの上場企業の創業者や社長を撮影してきました。(出版)
■ビジネスの各業界の著名人を撮っています。(個性的なカリスマ)
■芸能人やプロスポーツ選手も撮ります。
■話題性の多い外資系企業も撮ります。


写真にそんなに違いが出るのか?

初めて独立起業する個人に対して、大企業の社長と全く同じアプローチで撮ります。
カメラマンにとっては区別の無い同じ被写体です。


ビジネスシーンで通用するためにここまで撮ります。
多忙でなかなか会えない著名人でも必ず「一対一の対面」と「独占インタビュー形式」で撮影します。
ここまですると本人の良いキャラクターが出てきます。
人柄や容姿を問わずに本物の人物を表現するためです。

いつも広報対策とコミュニケーションを重視しています。

私が撮るときは、ほぼ100%「独占撮影のカメラマン」です。
原則、集団に紛れて取るような仕事はしません。
当然いつも相手からも見られてます。


お客様から数多くいただく声

■予想以上に結果が良かった。(これが圧倒的に多くいただくご感想です。)

■改めて自分の個性や長所を認識できた。(すでにビジネスされている人のご感想です。)

■一度に多くの素材が入手できるので、安価で時間の節約もできる。(通年で各種媒体に使える写真セット)


カメラマンが幅広い業界を見ていることは、時間の節約と撮影効果に繋がります。

トータルではお得になります。


関連記事

  1. 独立起業する個人に最適なプロフィール写真撮影とは
  2. ホームページ制作の写真の取材と「どこでも出張スタジオ」で本格的に撮影

ページトップ